ライフスタイル 子育て

お家で犬と赤ちゃんが一緒に過ごすために大切な4つのポイント

ペットを飼っている妊娠中の方の中には、ワンちゃんと赤ちゃんが上手くやっていけるか心配な方も多いのではないでしょうか?

愛犬と、新たな家族の一員である赤ちゃんが一緒に暮らしていくのが楽しみは反面、安全面などが心配ですよね。

わたしも妊娠中にワンちゃんと赤ちゃんについてたくさん調べました!

犬は家族の一員として、我々に対する無償の愛と忠誠を示します。

一方、赤ちゃんは家庭の中で純粋な喜びと愛をもたらします。

これら二つの要素を組み合わせると、家庭は愛と幸せでいっぱいに!

しかしそのためには、おうちの中の安全対策や、犬と赤ちゃんの関係を円滑に保つための配慮が求められます。

予防策を講じることで、犬と乳幼児が一緒に楽しく安全に生活することが可能となります。

この記事では、犬と乳幼児が同じ空間で生活する際の大切なポイント(留意点や、その利点)について解説します。

このページにはPRリンクが含まれています



1:犬と赤ちゃんの安全を守ること

犬と乳幼児が同じ空間で生活するとき、何よりも優先すべきことは安全対策です。

犬は本能的に自分の領域を守るため、新たな家族である赤ちゃんに対して警戒することがあります。

犬が赤ちゃんの存在に慣れるまでの間、接触は慎重に

赤ちゃんと犬の触れ合いを少しずつ増やし、犬が乳幼児を家族の一員と見なすようにすることが大切です。

 

出産後、ママと赤ちゃんが退院する前に、赤ちゃんの匂いのついたガーゼなどをパパが自宅に持ち帰り、ワンちゃんに先に匂いに慣れてもらうといのもおすすめです!

 

2:生活環境の調整

また、犬と赤ちゃんが同じ空間で生活するためには、生活環境の整備も必要です。

これには家具の配置、おもちゃや食べ物の保管場所、ペット用品の配置などが含まれます。

乳幼児のおもちゃや食べ物が犬にとって危険になる可能性があります。

そのため、これらは犬の手の届かない場所に保管することが重要です。

その逆も危険性があり、犬のおもちゃやおやつが赤ちゃんの手に届かないよう管理することも必要です。

 

お家の間取りによっては工夫が必要となりますが、赤ちゃんのベッドや遊ぶスペースと、犬が日頃過ごすスペースはできる限り分けてあげるべきです。

さらに、赤ちゃんと犬が一緒にいるときは、大人が常に見守ることが求められます。
大人の監視は、犬と乳幼児の安全を確保するために不可欠です。

\ペットサークルがおすすめです/

\ジョイント式でお部屋に合わせて組み替え可能/

 

3:犬と赤ちゃんの絆を深めること

犬と赤ちゃんが同じ空間で生活する大きなメリットの一つは、二人の間に絆が生まれることです。

これは、犬と赤ちゃんが一緒に時間を過ごすことで自然と生じます。

犬は赤ちゃんを守ろうとする本能を持っており、一方で赤ちゃんは犬との触れ合いから社会性を学ぶといわれています。

一緒に暮らしていくことで、赤ちゃんと犬の間に深い絆を作り出し、お互いの成長を促します。

乳幼児と犬が一緒に遊んだり、昼寝をしたりすることで、お互いの存在をより深く理解し、信頼関係を築くことができます。

これらの共有時間は、犬と乳幼児の関係を強化し、互いの絆を深めます。

二人が一緒にいる間は、どのように接しているかを注意深く見て、必要に応じて適切に介入することが重要です。

犬と乳幼児の行動を観察することで、問題が発生する前にそれを予防し、犬と乳幼児の安全を確保することが可能となります。

我が家では犬ちゃんがお姉ちゃんのような感じで微笑ましい♪

 

4:赤ちゃんだけでなく、犬にたっぷりと愛情を与えること

もちろん、犬と赤ちゃんが一緒に生活する際には、犬に対しても十分な愛情を示すことが非常に重要です。

家族に赤ちゃんが加わることで、犬が見落とされたり、愛情が欠けることがないように配慮することが大切です。

犬は感情的な動物であり、その感情は人間と非常に似ています。

だからこそ、愛情を感じ、安心感を得ることによって、犬は新しい環境や状況にも適応しやすくなります。

新しい家族メンバーである赤ちゃんが加わったときも同じです。

犬が十分な愛情を受けていると感じれば、新しい家族メンバーである赤ちゃんを、家族の一員として受け入れ、安全に接することが可能になるでしょう。

 

しかし、愛情を示すことは、ただ犬をなでるだけ、または遊ぶだけということではありません。

犬に愛情を示すとは、犬のニーズを理解し、適切な食事、運動、社交活動、そして安心できる環境を与えてあげましょう。

赤ちゃんが生まれたおうちでは、特に犬に対する愛情を意識的に示すよう心がけましょう。

 

【まとめ】犬と赤ちゃんと一緒に楽しく過ごしましょう

犬と赤ちゃんが同じ空間で生活することは、大人が見守り、理解し、サポートすることで、家族みんなにとって楽しい経験になります♪

愛犬と乳幼児が一緒に過ごす時間を大切にし、それぞれのニーズを理解し、それに対応することで、愛犬と赤ちゃんの共存を楽しく、安全に進めることができます。

家族全員が一緒に過ごす楽しい時間を増やすことができますし、それにより家族全員の幸せも増すことでしょう。

犬と乳幼児の共存は、家族全体にとっての価値ある経験を生み出します。

この記事が、その過程を円滑に進め、家族が一緒に楽しく、安全に生活できるようにするためのガイドとなれば幸いです。

 



おすすめ記事

1

子どもの保育は親にとって重要な課題です。 特に2歳児は、言葉を覚え始め、自己主張も出てくる大切な時期です。 イヤイヤ期もちょっと大変ですよね。。。 自宅保育組のおうちは、保育園に通わせているおうちとは ...

2

2024年に入ってから買ったもののなかで、ほんとうに買ってよかった!と思えたものをジャンル別にピックアップしました。 日頃から楽天やAmazonの通販大好きマンなので、ほぼ通販での購入です。 気になる ...

リングフィットアドベンチャーのパッケージ 3

ニンテンドースイッチのソフト「リングフィットアドベンチャー」と「フィットボクシング」。 おうちワーカーのわたしはもちろんですが、夫も結婚してからかなりの運動不足でした。 そんなわたしたちにはコレはもう ...

4

お子さんが朝起きるとママがいないとすぐに泣いてぐずってしまう、そのような経験はありませんか? 子どもは、特に2歳頃までは、ママと自分が別の存在であることを完全には理解できていません。 そのため、ママが ...

5

1歳は言葉の理解や物事の理解がはじまる大切な時期。 遊びを通じて色々なことを学ぶことで、子どもの認知的、感情的、身体的な発達を促すことができます。 ですが、どのような活動を取り入れればよいか迷っている ...

-ライフスタイル, 子育て
-, , ,

Copyright© chiralog , 2024 All Rights Reserved.