ビューティー

ビタミンCフラッシュの方法は?メガビタミンC生活で美容&健康効果!

2019-11-10

レモンを握る手

知人の医師と一緒にお酒を飲んでいたときにサプリの話題になりました。
「ビタミンCは推奨量の何倍も、大量摂取していいよ。摂りすぎるとお腹ゆるくなるけど。」とのこと。

ビタミンC、どれくらいなら摂取してもいいのだろう?

疑問に思ったので本を読んだりネットで調べてみると、「ビタミンCフラッシュ」というワードが目に止まりました。

早速ビタミンCフラッシュを試し、自分の身体に必要なビタミンC量を把握。
美容にも健康にもいいと口コミで見たので、自らメガビタミンC生活を実践することにしました。

今回は、ビタミンCフラッシュ&ビタミンCを大量摂取するメガビタミン生活について、ご紹介します。

ビタミンCフラッシュについて

ビタミンC(別名:アスコルビン酸)といえば、抗酸化作用やメラニンの生成を抑えるはたらき・コラーゲン生成をサポートするはたらきが有名で、美肌作りに欠かせない身近な栄養素です。
ビタミンCフラッシュは、一時的に大量のビタミンCを体内に摂り込むという療法で、ホリスティック医学ではデトックスとして勧められています。
ビタミンCの抗酸化作用に着目、また、過剰摂取すると下痢を引き起こす作用があることから、これらを利用して身体の中から悪いものをすっきりと出してしまおう、という療法です。

ビタミンCフラッシュでは、身体が耐えられる最大量のビタミンC量(腸耐性量)を知り、自分に合った日々のビタミンC摂取量を把握するというのも目的のひとつです。

 

ビタミンCフラッシュのやり方

レモン

ビタミンCフラッシュの方法

まずはアスコルビン酸Naの粉末を用意。
なるべく朝起きてからすぐ、空腹時にビタミンCフラッシュをスタートします。

いくつかの実践方法がありますが、わたしがおこなっているやり方を書いておきます。

ビタミンC1000mgを溶かした水を15〜30分ごとに飲みます。
(わたしが購入したアスコルビン酸Naの付属のスプーンはすり切り1杯で1000mgでした)
おなかがゴロゴロしはじめても飲み続けます。
実際に下痢をしたところまでに飲んでいた累計のビタミンC量が自分の腸管耐容量(腸耐性量)ということになります。

【Cフラッシュ】・・・・ビタミンCの効果的な摂取方法│PANACEA

こちらを参考にさせていただき、実践しています。

健康レベルが低く身体に何らかのトラブルを抱えている方は、下痢を起こすまでの時間がかなりかかることもあるようで、
15分おきに1500〜3000mgを摂取するというやり方もあるようです。

わたしはアマゾンでお安く買えたこちらを使用しています↓


ビタミンCフラッシュ実践の注意点

  • 下痢が発生するので、1日外出する予定のない日におこなう
  • ビタミンCを溶かした水を飲んだあとは口をゆすぐ
  • 通院中の方は医師に相談の上おこなう

メガビタミンC生活

日常的にビタミンCを大量摂取

ビタミンCフラッシュで把握した自身の腸耐性量に合わせて、日常のビタミンC摂取量を決めます。
ビタミンCフラッシュをおこなった翌日から、腸耐性量の75%を、1日に数回に分けて摂取するのがいいようです。

わたしは初期のビタミンCフラッシュでは20杯(20g)ほどでしたので、1日15g目安に3〜4回に分けて摂ることに。
2回目の実践では17gほどでした。
ちなみに夫は初回20gオーバーでしたが、先日13gでした。

成人1日のビタミンC推奨量は100mgと設定されていますので、これはかなり多い!!
ちなみに健康維持目的では1日800mg美容効果を目的とするのであれば1日2000mgといわれているようです。
(ビタミンCは水溶性のため、体外に尿と一緒に排出されやすいため、上限摂取量は定められていないのです)

しかし、ビタミンC関係の書籍や口コミを見ると、ビタミンCの大量摂取は健康効果はもちろん、美容効果も期待できるとのこと。
ビタミンCってお安いし、これは試さずにはいられません。

メガビタミンC生活で実感した効果

  • 肌のハリが蘇った!
  • 肌荒れが少なくなった
  • 朝スッキリ起きられるようになった
  • 便秘しなくなった

ビタミンCフラッシュをおこなってから2周間ほどメガビタミンC生活をしていましたが、(最初に設定した15gよりも少ない日も多々あり)
肌のハリに関しては感動レベルで違いました。

ほうれい線は元々そこまで気になってはいませんでしたが、目の下のシワが少し気になっていて、気づけばふっくら!シワがほとんど気にならない!
肌はハリがあるだけで随分印象が変わるんだなぁと実感しました。
肌荒れに関しても少なくなった気がします。

よくビタミンCで風邪を引きにくくなる、と言われていますが、普段からあまり風邪をひかないのでなんとも言えず。。

でも、総合して体調がいいような。朝スッキリと起きれるようになりました。

午前中からシャキっとアクティブに動ける日が増えました◎

さらに、ビタミンCを飲み続けることで便通も安定してきました。
(ビタミンCの副作用で便が柔らかくなったというより、ビタミンCが善玉菌のエサになって腸内環境がよくなったのだと思います)

身体が健康になってくると、ビタミンCの必要量も減ってきます。
つまり、ビタミンCフラッシュで確認したビタミンCの腸耐性量から算出したメガビタミン生活を送っていると、それまでと同じ量のビタミンC摂取でもお腹がゆるくなります。
これはビタミンC摂取量を減らしていくサインになります。

【まとめ】

ビタミンCフラッシュを何度か実践し、メガビタミン生活をおこなっていると、自分の健康レベルが数値でわかってくるので意識が変わります。

ビタミンC関連は色々と書籍も多く、ビタミンC大量摂取についても「意味がない」など、さまざまな意見が出ていますが、プラスになったことが多いのでわたしはこれからも続けていこうと思います。

ビタミンCフラッシュに関してはしっかり摂取量を記録し、日常ではゆるーく(時々飲むのを忘れるので)メガビタミン生活を継続したいと思います。

ビタミンCの大量摂取に関しては、こちらの書籍がすごく参考になりました↓


-ビューティー
-, ,

Copyright© chiralog , 2021 All Rights Reserved.